家計管理

ふるさと納税を始めてから始めた事

ふるさと納税はやっていますか?

こんにちは!
ファイナンシャルプランナーのmkです。

寄付金控除により税金が安くなる

『ふるさと納税』

お得ですよ~

ということと、
寄付をした自治体が5か所以内(1つの自治体に複数回寄附をしても1カウントで、ワンストップ特例制度を利用すれば、

確定申告が不要になったため(別の理由で確定申告をされる場合は寄付金控除として確定申告内での申告が必要)現在は利用されているか方も多いと思います。
*ただし寄附金税額控除に係る申告特例申請書の返送などきちんとした手続きが必要です。
*そもそも確定申告が必要な方は確定申告での寄付金控除が必要です。

我が家も利用しています。

でもふるさと納税を始めた当初、
我が家の家計が私が思うようにまわらなくなってしまいました。

 

その理由は、お礼の品以上の金額の寄付をするから。
当たり前の話です。

 

本来の目的は寄付であり、
返礼品の割合が問題になるぐらいですからね。

 

なぜそれが家計の影響したか。

 

予算を組んでいた家計が
ふるさと納税をすることで崩れてしまう。

返礼品以上の寄付をする為
どうしても予算オーバーに。

ものすごいストレスになりました。

 

お得だと感じることができるのは、
給与所得者の場合は

翌年の6月に配られる住民税のお知らせを
ふるさと納税をしなかった年と比べた時でしょうか。

はい、
寄付をした翌年の半ばにならないと
お得な事は実際には起きないのです。

 

払うべきだった税金が
寄付金控除により減っている。
(自治体に寄付しているので)

その恩恵です。

なので、
家計のストレスは解消しないとつらいので、

対策を練りました!

ふるさと納税の為の貯金

それは、
毎月の目的別貯金の一つに

ふるさと納税用の貯金

 

という項目をつくりました。

だいたい想像がつく寄付金額を12等分し、

毎月貯金というか、よけておきます。

それを、
ふるさと納税として寄付する段階で使用するのです。

 

そうすると毎月のやりくり費の予算オーバーは防げます!

はい、

私のストレスが一つ減るんです!!

 

ふるさと納税として寄付に使うための
貯金。

 

ふるさと納税を始めたことで始めた事でした!

 

7月3日募集中

募集中の講座一覧

RELATED POST
error: ごめんなさい!右クリックは無効です