私のこと

新しい一歩を踏み出す前に思い出がよみがえる。

新しい一歩の前に

8月以降、働き方を変える予定です。

その為、現在のお仕事は退職となります。

今の仕事に就いたころのことを考えたら急に涙があふれてきました。

待機児童でいくつもの保育園(認可・認証)を娘をつれて見学にいったこと。

70人待ちと言われたり、私の1人前のひとで決まってしまったり、

働きたいのに働けない、この先抜け出せないのかと泣いたこと。

1カ月後に空きが出ると言われて申し込みができてうれし涙がでたこと。

その後、

乳幼児がいる人は×と派遣の面談さえ断られ悔しかったこと。

それでも、子供がいる人沢山いるよ。

先輩ママ沢山いるよと快く採用してくれたのが今の会社でした。

その通りママの先輩が沢山、他に働いている人も良い人沢山の職場で9年も働くことができました。

娘がおむつをしていたときから。

下り電車に乗って会社と逆方向の保育園へ行ったこと。

認可保育園に2歳児で転園できて喜んだ事。

雨の日に娘と雨合羽をきて自転車で保育園に通ったこと。

暑い夏も汗だくになりながら保育園へ送迎したこと。

小学校にあがり学童保育に喜んで通ってくれたこと。

それでも1年生の壁で悩んだり、

4年生の壁で始業式の日に二人で泣いたり。

色々ありました。

そんな9年間でした。

 

そして今、新しい働き方をすることにしました。

きっかけは

娘の学童がなくなってしまうことから。

自分の働き方を見直し、

行動した結果、

したい働き方と、本当はしたかった仕事を見つけました。

そして新しい道を進むことに。

 

今ある状況を手放さない限り、

新しい道には進めないので、

欲しくて欲しくてつかんだ今の仕事を手放すことにしました。

でも、

そこであった出会い、

そこで学んだ仕事、

大切な時間でした。

私の人生はまだまだきっと上って下って転んで起き上がってといろいろな事があるかと思います。

それでも、

自分で決めたこの道を信じて、今の自分に合った働き方を模索しながら新しスタートをきりたいと思います。

応援していただけたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: ごめんなさい!右クリックは無効です