クレジットカード

【クレジットカード】不正利用で補償されないリスクを減らす。

私の日々の生活はほぼクレジットカード払いです。

何故??

クレジットカードのメリット

クレジットカードを利用する私のメリット

1)ポイントが貯まる
2)現金を持ち歩かなくて良い

 

その2点です。

クレジット支払も現金と同じように管理しているため、
お金がないからクレジットカードで買うという使い方はしていません。
あくまでプラスになる使い方の為です!

今はポイ活(ポイント活動)って言葉もあるぐらいなので、
やはりポイントの為にクレジットカードを使われている方が多いのかなと思います。

銀行の普通預金金利が0.001%とかいう現在では、
ポイント還元率が1%とか0.5%でもかなりの魅力ですよね。

にこにこ現金払いも良いですが、
きちんと管理できればクレジットカード払いポイントが貯められかなりの節約になりますよ。

ただし、気をつけないといけない点があります。

 

使っていないキャッシング利用枠も危険です

クレジット会社により最初から設定できる場合とできない場合がありますが、キャッシング利用枠です。

鞄を盗まれたりした場合、所定の手続きを行えば、
盗まれたクレジットカードで購入されたものの支払いは補償されますが
(一部保障されない場合もあります。下記参照)


そのカードで一般的にキャッシングされた場合は補償されません!!

何故か。
それは、クレジットカードを持っている+暗証番号を知っているからです。

盗まれたカードの暗証番号がわかっているというのは、
その暗証番号が推測されやすかったり、カードと一緒に暗証番号がわかるような状態にしていたり、
使用者に落ち度があるからなんですよね。

所有者の管理責任が問われる可能性が高いのです。

キャッシングを利用しないのに、
その枠があったがために他人がキャッシングしたものまで払わなければいけないなんて!!

 

クレジットカード紛失・盗難時のリスクを減らすためにすること

キャッシング利用枠を使わない場合、下記手続きを面倒がらずにしましょうね⇩

不要なサービスは外してリスクを減らすこと!

使わないキャッシングの利用枠は0円の手続きを必ずする!
(カード発行申込時からキャッシングの利用枠を0円にできるものと、いったんは利用枠をつくり、カードが手元に届いてから0円に設定する場合とがあります。)

 

変更はホームページでできるかはカード会社により違ってくると思いますので、
わからない場合は、サポートセンターなどへ連絡し、キャッシング利用枠をゼロいしたいとお伝えくださいね。

 

買い物時の不正利用の損害が補償されないこともある!?

実はキャッシングではなく、買い物の不正利用でも補償されない場合があります。

所定の手続きを経てもです。

代表的なものが、
ICチップ付きクレジットカードでサインではなく暗証番号を入力で不正利用された場合です。

上記のキャッシングの利用の補償されない場合と同様に、
暗証番号が利用されている=推測されやすい番号の利用(誕生日や電話番号など)し、その番号が類推される書類と一緒に盗まれるなど自己責任を問われる可能性が高いのです。

クレジットカードの不正利用の補償を受けられるようにするためも最低限して欲しい事

結局は万が一不正利用されたときに、きちんと補償してもらえる状態にしておくことがリスク管理にもなります。

暗証番号は推測されにくいものにすること

 

当たり前ですが、とても大切なことです
忘れちゃうから~とかの理由で誕生日などにしておくと不正利用されたあげくに補償してもらえないという散々な目にあうことになりますよ!

 

error: ごめんなさい!右クリックは無効です